矢作川水系森林ボランティア協議会(矢森協)

矢森協 活動報告

■2004年

1月18日
矢森協 発足式&間伐大会 旭町牛地山林
1月 21日
事務局スタート
2月27〜29日
第3回豊田オイスカ森林塾開催 20名の参加者
4月5〜7日
小原村Oさんの山、間伐実施,集材。中日とよたホームニュースが取材
4月29日
KOA森林塾10周年記念会 愛知の動きとして矢森協活動を報告
5月16日
矢森協主催チェーンソー講習会 20数名参加
6月29日
森づくりフォーラム木俣さん来訪 来年の国際ワーキングホリデーへの積極的応援依頼
7月7日
小原こだまの会の矢森協加入
7月26〜28日
第1回矢森協指導者講習会 伐倒の基本作業をビデオ化
8月7〜8日
森づくりフォーラム主催「技能習得制度(仮称)」について意見交流会,設立準備会に参加
8月22日
国際環境NGO FOEから視察と交流
(とよたオイスカ山守の会(豊松小学校林)、足助きこり塾フィールド)
9月13・14日
第2回指導者講習会 (この回より豊田市林業振興会議と矢森協の共催)
テーマ:「林分調査」 足助町上八木 Kさんの山林を利用
9月23日
伊勢・三河湾フォーラムに参加
9月25日
「県民協働の森づくりシンポジウム」(美濃市)参加
9月29日
矢森協研修会「森の健康診断」講師:北岡先生
10月9〜11日
森づくりフォーラムスタディーツア
(段戸国有林、稲武古橋会、足助きこり塾フィールド、海上の森)
10月26日
愛知県の指導林家研修会に講師として出席(稲武町)
矢作川研究所に森の健康診断について相談
11月8・9日
第3回指導者講習会 「伐木造材」
12月18〜19日
平成16年度総会&合同研修会
<足助町上八木山林及び集会所 宿泊所:足助ユース>

■2005年

2月26日
上八木山 集材完了  390本
 今年に入り、間伐3日間延べ23人、集材3日間延べ22人参加
3月5・6日
森づくりフォーラム年度総会&技術習得制度発起人会出席
 東京 オリンピック記念青少年総合センター&東京農大
4月15日
矢作川漁協森林塾立ち上げ総会に参加 
4月22,23,26日
 「森の健康診断」リーダー講習会を開催
5月9日
○「森林ボランティア協働間伐モデル林事業」開始
矢森協と豊田市&森林組合との協働作業候補地下見
  
5月22日
@豊田森林組合設立記念式典と講演会 足助交流館飯盛座
・中日新聞鈴木久美子記者、講演の中で「ボランティア団体の横の繋がりができている矢森協は、他所には見られない画期的な協議会」と評価。
その後の「森の健康診断」実施について森林組合関係者にPR
A矢森協有志対象の「救命講習会」開催(足助消防署) 
5月27日
万博パビリオン地球市民村『森のいろいろ館』展示創作物の製作開始
 足助きこり塾フィールドで原材料調達
 ゴンさん工房(半田市)で製作開始。  
5月29日
ワーキングホリデー(WH)リーダー研修会
 豊田市総合野外センター 4名  
6月4日
★「第1回矢作川森の健康診断」実施!★
  豊田市役所と足助森林課に二ヶ所に集合  約200名が参加
6月26日
全国森林組合連合会主催「林業体験ツアー」の支援
 作業リーダーとして8名参加
7月1日〜
「愛・地球博」地球市民村「森のいろいろ館」(森づくりフォーラム、国土緑化推進機構)に間伐材を利用した展示用装飾物を設置
7月7日
「コウロゲ森クラブ」の加入承認

■2005年『日本国際里山保全ワーキングホリデーin AICHI』開催

「愛・地球博」地球市民村に全国の森林づくりの仲間達が出展参加し、それと平行して会場周辺の里山を舞台に、英国最大の環境保全NGO、BTCVなど、海外の森づくりの仲間達とともに里山保全活動を行う「ワーキングホリデー」が開催された。矢森協も地元組織として運営に参加。
  7月10〜24日
「国際ワーク(豊田編)」の運営(野外センター、矢作川河畔、六所山など) 
  7月31日
『日本国際里山保全シンポジウム2005〜産官学民協働による、流域圏の森づくりを目指して〜』にパネリストとして参加   
8月24日
「山林の健康診断」を実施 榑俣町Aさん所有の山林      
8月26-28日
「第11回森と市民を結ぶ全国の集い」(新城市・鳳来町)にスタッフとして参加            
8月30日
「土岐川庄内川源流 森の健康診断」実行委員会発足
  矢森協から2名参加 
9月15日
「17年度間伐・間伐材利用コンクール」間伐推進中央協議会会長賞受賞!
  「森林整備シンポジウム2005in愛知」(新城市文化会館)において授賞式  
10月22日
「第1回矢作川 森の健康診断報告会」開催(豊田産業文化センター)
  6/4参加者:84名  一般参加者:約90名、総勢約170人が参加 
10月29日
「土岐川庄内川源流 森の健康診断」
  総勢約240名参加 矢森協から20名以上がリーダーとして参加 
11月8日
中京TVプラスワン「土岐川庄内川源流 森の健康診断」を報道
  〜上流と下流の市民が手をつなぐ・「緑のダム」実験〜   
11月12、15日
豊田森林組合「森のカルテ」事業の協働  
12月3〜4日
矢森協合宿 足助ユース泊
@実技研修 約30名 (1日目、2日目)
 講師:藤原祥雄氏(島ア山林塾企業組合所属)
 場所:北小田地区 153号線沿い山林
「森林ボランティア協働間伐モデル林事業」として(社)国土緑化推進機構より「緑の募金」の助成金を受けてチェーンソーワークのスッテプアップ研修+間伐
大和自治会から区長さん、住民の方、他地区の区長さんら7名の方作業見学及び研修会
A全体集会 木材センター 約50名
 
12月6・7・10・11日
矢森協メンバー(こだまの会、山守の会、きこり塾)が「森のカルテ」に取り組む